お金がない人必見!お金を工面する方法とは

誰だってお金を工面しなければならない時はあります。必要な時期や金額は人それぞれですが、どうやって用意するか?で悩むのは共通しているでしょう。そこで今回はお金を工面する方法について紹介してきましょう。

公的援助を利用する

病気で働けない、怪我で長期休業、生活費が足りないなど、お金がなくて困っているなら、生活保護や生活費の融資など公的機関の援助です。

お住まいの市町村で取扱いが異なることがありますが、金銭面の相談は市町村役場の窓口でも受付けています。その際、正当な理由をきちんと説明して福祉課で申請書をもらいます。

生活保護はその人の生活状況に合わせた支給額になりますが、最低限の生活はできるようになります。貸金業者から借りる前に公的援助を受けることを検討しましょう。

失業保険をもらう

もしも失業中であれば、一日でも早くハローワークで失業保険の手続きをしましょう。退職理由によっては支給まで時間がかかることがあるため、早めの手続きが大切です。

失業保険があれば最低限の生活費はまかなえますし、就職活動もできるでしょう。早期就職ができて条件を満たせば就職手当が受給されることもあります。失業保険は利用しないと損です。

生命保険の契約者貸付

生命保険に加入している方は契約者貸付でお金を借りることができます。対象となるのは終身保険、養老保険、学資保険などです。

契約者貸付は生命保険の解約返戻金を担保に生命保険会社からお金を借りる制度です。掛け捨てタイプの保険は契約者貸付の対象にはなりません。契約者貸付で借りられるのは解約返戻金の約90%までで、融資可能額は契約者ごとに異なります。

一般的なローンよりも低金利で借りられるので生命保険に契約している方は契約者貸付の利用を検討してみてはいかがでしょうか。いくら借りられるかは生命保険会社に問い合わせるか、ホームページで確認してみるとよいでしょう。

定期預金担保貸付

定期預金がある場合、定期預金担保貸付を利用できます。定期預金担保貸付とは、定期預金を解約せずに担保にしてお金を借りられる仕組みです。

低金利で借入れできるのが最大の特徴で、借入限度額は「定期預金額の90%」と「200万円」のうち、どちらか少ないほうです。返済は普通預金口座に入金するだけなので簡単です。低金利なので負担が少なく安心して利用できます。

公的援助、生命保険、定期預金など、お金がないときに工面する方法はたくさんあります。できる限り借りなくてもすむ方法で切り抜けましょうね。

当サイトおすすめキャッシング
カードローン名プロミスアコムSMBCモビット
プロミスアコムモビット
おすすめ度★★★★★★★★★☆★★★☆☆
実質年率4.5%〜17.8%3.0%〜18.0%3.0%〜18.0%
最高限度額500万円800万円800万円
無利息サービス
初回30日間
※メアド登録とWeb明細利用で

初回30日間
×
審査時間最短30分
※3秒診断あり
最短30分
※3秒診断あり
最短10秒
※10秒審査の結果表示は、事前審査による結果表示となります。
本審査は別となります。
特長・女性安心!専用のレディースコールあり
・少額でも金利が低め
・アルバイト/パートでも借入可能
・返済日メールお知らせサービスあり
・20歳以上で安定した収入がある方であればご利用可能
・三井住友/三菱UFJ銀行/ゆうちょ銀行に口座を持っている方はスピーディーに「Web完結」申し込み可能!
詳細公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ
サブコンテンツ

このページの先頭へ