お金が必要なのに生活費がない!を脱出する手段とは

生活費が足りないのはつらいことです。お金がなくて生活が窮地に陥っているなら、少しでも早く何かしらの対策を取らなければなりません。

消費者金融や銀行などお金を貸してくれる金融機関はありますが、収入が少なすぎる、もしくは全くないとなると審査に通るのは厳しくなるでしょう。

ここでは本当にお金で困っている人に役立つ国の制度について紹介していきましょう。

市役所で借りる

市役所でお金を借りると聞くと驚く方も多いようですが、市役所には「生活福祉資金制度」という制度があり、これを利用することでお金を借りることができます。

生活福祉資金制度とは、都道府県福祉協議会が実施しており、お金の貸付けだけでなく地域の民生委員による相談支援も行っています。資金の使途により、総合支援資金、福祉資金、教育支援資金、不動産担保型生活資金の4種類の中から選びます。

生活福祉資金制度は誰でも利用できるわけではないので注意が必要です。

対象者となる人とは

生活福祉資金制度の貸付けは、まず低所得世帯、高齢者世帯、障害者世帯のいずれかに該当する必要があります。

生活に困っている人をサポートする制度なので、失業中であればハローワークなどで仕事を探すようにアドバイスされますし、多額の借金がある方は債務整理を進められます。すぐに貸してくれるわけではありません。

生活が困窮しているからという理由だけで審査に通るわけではありません。

金利について

消費者金融などの金利はそれなりに高く設定されていますが、生活福祉資金制度の金利は生活に困っている人を対象にしているので、連帯保証人がいない場合は年1.5%、連帯保証人がいる場合は無利子とかなりの低金利となります。

返済についても一般的な金融機関と比較してもかなり楽になるでしょう。借入れの上限額は資金制度の種類によって異なるので、詳細については窓口で確認しましょう。

生活福祉資金制度はそれほど認知度が高くないようで、市役所でお金を借りられることを知らない人もいます。生活に困っているときは一人で悩むのではなく、まずは相談することから始めてみましょう。

生活福祉資金制度の利用を検討するなら、市役所や区役所の窓口に出向きます。「自分は申し込めるのか」「制度について詳しく知りたい」などちょっとしたことでも相談は可能です。担当者が親切にアドバイスをしてくれます。本当に困ってどうしようもなくなる前に手をうちましょうね。

当サイトおすすめキャッシング
カードローン名プロミスアコムSMBCモビット
プロミスアコムモビット
おすすめ度★★★★★★★★★☆★★★☆☆
実質年率4.5%〜17.8%3.0%〜18.0%3.0%〜18.0%
最高限度額500万円800万円800万円
無利息サービス
初回30日間
※メアド登録とWeb明細利用で

初回30日間
×
審査時間最短30分
※3秒診断あり
最短30分
※3秒診断あり
最短10秒
※10秒審査の結果表示は、事前審査による結果表示となります。
本審査は別となります。
特長・女性安心!専用のレディースコールあり
・少額でも金利が低め
・アルバイト/パートでも借入可能
・返済日メールお知らせサービスあり
・20歳以上で安定した収入がある方であればご利用可能
・三井住友/三菱UFJ銀行/ゆうちょ銀行に口座を持っている方はスピーディーに「Web完結」申し込み可能!
詳細公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ
サブコンテンツ

このページの先頭へ