お金が必要な理由はどう説明したらいい?

お金が必要な理由は人それぞれです。だからこそ、お金を借りたい時にどんな説明をすればいいのか、正直に話してしまっても大丈夫なのかと悩む方も多いようです。お金が必要な理由は案外大切と言われています。

相手に誠意を見せるためにも、どのような説明ができるのか考えてみたいと思います。

銀行のカードローンを申し込むとき

銀行のカードローンには様々なプランがあります。目的別ローンの場合、住宅ローンならマイホーム購入のため、自動車ローンならマイカー購入のため、教育ローンならお子さんの学費のため、それぞれ理由に合ったローンが用意されています。

これに対し、フリーローンは特に目的が定められていません。なので、引越費用のため、冠婚葬祭費のため、海外旅行・国内旅行のため等、どんな理由であっても特に問題ないわけです。

正直に言わないとダメ?

場合によってはお金が必要な理由を正直に言いたくないということもありますよね。ムダ遣いしすぎてしまい生活費が足りなくなった、他社での借金返済日が迫っているなど恥ずかしくて説明しにくいことでしょう。

目的別ローンはウソの申告をしたらダメですが、フリーローンの場合はお金が必要な理由をそこまで問題視していないようなので、とんでもない理由でないのであればあまり神経質になる必要はないでしょう。

家族や友人に借りるとき

お金を借りる相手として家族や友人を選ぶ方もいるでしょう。身近な人だからこそ頼りやすいかもしれませんし、理由も説明しやすいかもしれません。

ですが、近しい相手だからこそ気をつけなければなりません。場合によっては信頼関係にヒビが入ってしまいます。だからこそ、家族や友人から借りるのであれば、たとえ都合の悪い理由だったとしても正直に説明したほうがよいでしょう。

親しい関係だからこそ正直に話してほしいという貸す側の意見も多いようです。下手な言い訳はしないほうがよいかもしれませんね。

銀行など金融機関からお金を借りるとき、フリーローンであれば審査基準を満たしていればOKです。ですが、目的別ローンを利用するとき、家族や友人、彼氏などから借りるときは、正直に説明したほうが後々のトラブルを防ぐことにつながるでしょう。

話したくないと思っていてもきちんと現状を伝えることで周囲が協力してくれることだってあるかもしれません。ウソがばれてしまって気まずい思いをしたり罪悪感を抱えてしまうよりかはずっとマシでしょう。

当サイトおすすめキャッシング
カードローン名プロミスアコムSMBCモビット
プロミスアコムモビット
おすすめ度★★★★★★★★★☆★★★☆☆
実質年率4.5%〜17.8%3.0%〜18.0%3.0%〜18.0%
最高限度額500万円800万円800万円
無利息サービス
初回30日間
※メアド登録とWeb明細利用で

初回30日間
×
審査時間最短30分
※3秒診断あり
最短30分
※3秒診断あり
最短10秒
※10秒審査の結果表示は、事前審査による結果表示となります。
本審査は別となります。
特長・女性安心!専用のレディースコールあり
・少額でも金利が低め
・アルバイト/パートでも借入可能
・返済日メールお知らせサービスあり
・20歳以上で安定した収入がある方であればご利用可能
・三井住友/三菱UFJ銀行/ゆうちょ銀行に口座を持っている方はスピーディーに「Web完結」申し込み可能!
詳細公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ
サブコンテンツ

このページの先頭へ