お金を借りるときに準備しておくべき書類とは

銀行や消費者金融などからお金を借りるとき、契約の際に必要な書類があります。貸金業者によって準備する書類に多少の違いがありますが、事前にある程度知っておけば、いざ借りるというときに焦らなくてすみます。

ここではどういった書類を用意すればよいのか解説していきたいと思います。

身分を証明できるもの

まったくの赤の他人となる金融機関や貸金業者からお金を借りるとなると、まずは本人確認ができる書類が必要です。例えば、運転免許証、健康保険証、パスポートなどが一般的です。

マイナンバーカードや健康保険証を身分証明書とする場合は、顔写真のない本人確認書類の単独利用ができないため、住民票などもう一点身分証明書が必要になります。

また、本人確認書類と申し込み時の住所が違う場合も公共料金(電気・ガス・水道・固定電話など)の領収書、国税・地方税の領収書、社会保険料の領収書など現住所がわかる書類を提出しなければなりません。

収入証明書

融資額が少ない場合は本人確認書類があればOKというケースが多いですが、場合によっては収入証明書も必要になります。例えば、借入希望額が50万円以上のとき、他社での借り入れと今回の借入額の合計が100万円以上になるときは収入証明書を提出しなければなりません。

収入証明書が、給与明細書、源泉徴収票、確定申告書、所得課税証明書などです。給与明細に住民税の記載がない場合は直近2か月分及び賞与明細書1年分が必要になります。

源泉徴収票や確定申告書などはすべて直近の書類を用意します。借入先によって提出する書類が異なるので事前に確認してから準備するとよいでしょう。

こんな会社は要注意

本来であれば本人確認書類と収入証明書を提出すれば手続きは完了します。ですが、なかにはクレジットカードの提示を要求してくれる貸金業者もあります。

普通、家族や恋人であってもクレジットカードの情報は教えません。クレジットカードの提出を求めてくる会社は悪徳業者である可能性が極めて高く、かなり危険と判断して間違いないでしょう。うっかりクレジットカードを渡してしまわないように気をつけてください。

消費者金融や銀行のカードローンは、本人確認書類と収入証明書で借りられるケースがほとんどです。無担保・無保証人なので借りたいときにすぐ申し込むことができます。

お金を借りたいときは急いでいることも多いので確実に必要書類を用意してから申し込むようにしましょう。

当サイトおすすめキャッシング
カードローン名プロミスアコムSMBCモビット
プロミスアコムモビット
おすすめ度★★★★★★★★★☆★★★☆☆
実質年率4.5%〜17.8%3.0%〜18.0%3.0%〜18.0%
最高限度額500万円800万円800万円
無利息サービス
初回30日間
※メアド登録とWeb明細利用で

初回30日間
×
審査時間最短30分
※3秒診断あり
最短30分
※3秒診断あり
最短10秒
※10秒審査の結果表示は、事前審査による結果表示となります。
本審査は別となります。
特長・女性安心!専用のレディースコールあり
・少額でも金利が低め
・アルバイト/パートでも借入可能
・返済日メールお知らせサービスあり
・20歳以上で安定した収入がある方であればご利用可能
・三井住友/三菱UFJ銀行/ゆうちょ銀行に口座を持っている方はスピーディーに「Web完結」申し込み可能!
詳細公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ
サブコンテンツ

このページの先頭へ