国からお金を借りる

お金に困ったときに家族や友人から借りたり、キャッシングやカードローンを利用する方法がありますが、実は、国からお金を借りる方法もあることはご存じでしょうか。

国の貸付制度は条件はありますが、一般的な貸付よりも金利が低く設定されていることが多いため、制度を利用できるととても助かります。そこで今日は国からお金を借りる制度について紹介していきましょう。

日本政策金融公庫から借りる

国からお金を借りる方法として最も知られているのが「日本政策金融公庫」から借りることです。日本政策金融公庫とは、国によって設立された金融機関で銀行などとは異なる基準で貸付の審査を行っています。

消費者金融や銀行よりも貸付利率が低いことから、金利負担を少なくしたいと考えている方、長期的な借入れを検討している方などに特におすすめです。子どもの学費が必要な場合は国の教育ローン、事業主向けのローンがあり、いずれも返済負担が少ないことからメリットは非常に大きいと言えるでしょう。

ただし、公共料金の支払いを滞納していたり、信用情報にマイナスな情報が登録されていると審査に通りにくくなります。

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度は、より低所得者向けの貸付制度です。消費者金融などでは安定した収入があることが貸付条件となっているため、無職の方や病気療養中の方などは利用できないことがあります。そんなときには生活福祉資金貸付制度の利用を検討してみるとよいでしょう。

生活福祉資金貸付制度は社会福祉協議会が運営している制度で、総合支援資金、福祉資金、教育支援資金、不動産担保生活資金の4つに分類されています。

こちらも低金利または無利子で借りられますが、「給付」ではありません。低所得者で生活が困難であっても、返済能力があり、生活支援を行うことで今後の自立が見込まれる方が貸付けの対象となります。

キャッシングが利用可能であったり、他での借入れを滞納している場合、将来的な自立が見込めない場合などは利用できません。詳細については社会福祉協議会に相談してみるとよいでしょう。

キャッシングやカードローンを利用できない方でも、場合によっては利用できる制度もあります。むやみに闇金業者から借りてしまうのではなく、国の制度を活用することで安心・安全にお金を借りることができるのです。日々の生活再建、自立のためにも活用できる制度は利用してみてはいかがでしょうか。

当サイトおすすめキャッシング
カードローン名プロミスアコムSMBCモビット
プロミスアコムモビット
おすすめ度★★★★★★★★★☆★★★☆☆
実質年率4.5%〜17.8%3.0%〜18.0%3.0%〜18.0%
最高限度額500万円800万円800万円
無利息サービス
初回30日間
※メアド登録とWeb明細利用で

初回30日間
×
審査時間最短30分
※3秒診断あり
最短30分
※3秒診断あり
最短10秒
※10秒審査の結果表示は、事前審査による結果表示となります。
本審査は別となります。
特長・女性安心!専用のレディースコールあり
・少額でも金利が低め
・アルバイト/パートでも借入可能
・返済日メールお知らせサービスあり
・20歳以上で安定した収入がある方であればご利用可能
・三井住友/三菱UFJ銀行/ゆうちょ銀行に口座を持っている方はスピーディーに「Web完結」申し込み可能!
詳細公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ
サブコンテンツ

このページの先頭へ