料金滞納で電気を止められそう。こんなときどうする?

世の中の景気が良くなってきても我が家の家計は火の車・・・。「請求書が溜まっていて電気を止められるかも」なんてとき、あなたならどうしますか。

ライフラインでもある電気は私たちの暮らしの必需品ですよね。真冬の寒冷地や猛暑日が続く夏に電気が止まると命に関わることも。電気が止められそうになったときの対処法について紹介していきます。

急ぎのプロミス、ここがオススメ

  1. 来店不要で契約出来る!
  2. 必要書類をPC・スマホで提出可能
  3. 当日振込みが可能!※平日14時までにWEB契約完了が必要
    1. Web契約なら即日融資も可能!!

      詳しくはこちら

いつ送電停止になる?

送電停止になるのは、東京電力では検針日の翌日から起算して約60日後、関西電力では51日後、九州電力では約70日後と電力会社によって差があるものの、約1か月半から2か月半となっています。

料金の支払いが一定期間確認できないからといって急に電気を止めるのではなく、送電停止前に「お宅の電気を止めます」という内容の通知書を送ります。通知書にはコンビニや銀行で使える振込用紙が同封されており、書かれてある最終期限を過ぎても支払いが確認できなかった場合に送電停止となります。

送電停止は待ってもらえるの?

やむをえない事情で料金を支払えない。でも電気を止められると困りますよね。そんなときは電力会社に相談です。「送電停止日を延長できます」と名言する電力会社はありませんが、相談に応じてくれる会社があるようです。

身動きが取れなくなってから相談するのではなく、できるだけ早めに相談することが大切です。個別の事情にもよりますが、送電停止を持ってもらえることもあるかもしれません。

キャッシングでピンチを乗り切る

どうしても・・・という場合は一時的にキャッシングを利用するという方法もあります。キャッシングをして電気料金を支払ったとしても問題が解決したわけではありません。

借金は残りますし、借りたお金はきちんと返済しなければなりません。給料日までの数日間だけなど短期間の借入れであればキャッシングを利用するのも一つの方法です。借りる前に具体的な返済計画を立て、これなら確実に返済できると確信が持てるような金額を借りるようにしましょう。

未払いの電気料金はどちらにせよ支払わなければなりません。滞納している電気料金を無視して引っ越したとしても転居先に請求書が届きます。最悪の場合、裁判を起こされる可能性だってあります。

ライフラインが止まって困る!なんてことにならないように日頃からきっちりとマネー管理をしたいですよね。節約できるところはないか家計を見直す、外食を我慢するなどちょっとした心がけで大きく変わることでしょう。

当サイトおすすめキャッシング
カードローン名プロミスアコムSMBCモビット
プロミスアコムモビット
おすすめ度★★★★★★★★★☆★★★☆☆
実質年率4.5%〜17.8%3.0%〜18.0%3.0%〜18.0%
最高限度額500万円800万円800万円
無利息サービス
初回30日間
※メアド登録とWeb明細利用で

初回30日間
×
審査時間最短30分
※3秒診断あり
最短30分
※3秒診断あり
最短10秒
※10秒審査の結果表示は、事前審査による結果表示となります。
本審査は別となります。
特長・女性安心!専用のレディースコールあり
・少額でも金利が低め
・アルバイト/パートでも借入可能
・返済日メールお知らせサービスあり
・20歳以上で安定した収入がある方であればご利用可能
・三井住友/三菱UFJ銀行/ゆうちょ銀行に口座を持っている方はスピーディーに「Web完結」申し込み可能!
詳細公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ
サブコンテンツ

このページの先頭へ