車でお金を借りる車金融の危険性とは

電信柱などに「車で融資」「乗ったままでもOK」などというポスターを見かけたことはありませんか。これは車でお金を借りる自動車担保融資のことで、いわゆる車金融です。

「担保があったほうが安心」「無担保ローンの審査に通らない」などといった理由で車金融でお金を借りられないかと考えたことはありませんか。実は車金融はリスクがたくさんあるのです。

車金融とは

車金融とは、車を担保にお金を借りることです。貸金業者に車を査定してもらい、査定額を上限にお金を貸してもらいます。

融資を受ける方法として、車の名義を一旦業者に変更して業者からリースされている形をとる方法と、名義変更をせずに返済を続ける方法があり、業者によって貸付けの方法は様々です。

名義変更をせずに査定額を借りていて万が一返済できなくなったときは、車を差し押さえられます。

車金融のデメリットとは

一見すると車金融は車を乗ったままでもお金を借りられることもあるので非常に便利だと思われがちです。ですが、手数料、リース料など金利以外の返済も多く、結果として超高金利のローンになってしまう可能性が高くなります。

利息制限法の範囲を超えたお金がかかることも珍しくなく、どうしても返済負担が大きくなってしまいがちです。支払いが滞ったりしてしまうと車を差し押さえられてしまうので仕事などで車は必須という方にとっては大きなダメージになることは避けられません。

そして何よりも、車の査定額はかなり低くなることがほとんどです。仮に高級車であっても何年か乗れば買取額は下がります。車金融の場合、さらに低い査定額がつけられるので決してメリットが多いとは言えないでしょう。

それでも借りたいなら

メリットよりもデメリットのほうが目立つ車金融ですが、それでも借りたいという方は本当に信頼できる業者を選ぶことが大切です。

電信柱などに広告を貼っている業者は高額な金利や手数料を請求されるなどリスクが高いので依頼してはいけません。金融庁のホームページなどで貸金業者の登録がされているか調べ、闇金業者でないことを確認しましょう。

車金融は危険と隣り合わせと言っても過言ではありません。車を担保にしてお金を借りなくても、思い切って車を売ってしまったほうが高額で買い取ってもらえることだってあります。

車金融は乗ったままでも利用できてとても便利だと思うかもしれませんが、リスクが高いことを覚えておきましょうね。

当サイトおすすめキャッシング
カードローン名プロミスアコムSMBCモビット
プロミスアコムモビット
おすすめ度★★★★★★★★★☆★★★☆☆
実質年率4.5%〜17.8%3.0%〜18.0%3.0%〜18.0%
最高限度額500万円800万円800万円
無利息サービス
初回30日間
※メアド登録とWeb明細利用で

初回30日間
×
審査時間最短30分
※3秒診断あり
最短30分
※3秒診断あり
最短10秒
※10秒審査の結果表示は、事前審査による結果表示となります。
本審査は別となります。
特長・女性安心!専用のレディースコールあり
・少額でも金利が低め
・アルバイト/パートでも借入可能
・返済日メールお知らせサービスあり
・20歳以上で安定した収入がある方であればご利用可能
・三井住友/三菱UFJ銀行/ゆうちょ銀行に口座を持っている方はスピーディーに「Web完結」申し込み可能!
詳細公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ
サブコンテンツ

このページの先頭へ